メディパラソル 副作用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

メディパラソルに副作用の危険性はないのか!?

 

 

メディパラソルは紫外線対策サプリとして人気があり、実際に多くの愛用者がいます。ネットなどでも飲むだけで効果ができるという事で愛用者の間でも評判です。ですが、そこで多くの方が気になるのは副作用の危険性はないのかという事です。

 

最近では、テレビのニュースでも消費者庁が特定のサプリメントによる健康被害が報告されていると発信しています。ですから、もしかしたらメディパラソルにも副作用があるのではと思うのも不思議はない事でしょう。

 

そこでですが、この記事ではメディパラソルに副作用の危険性があるのかを詳しく調べてまとめてみようと思います。やはり、ただ単に紫外線対策をするのではなく、しっかりと自身の健康も管理しておきたいところですから(・∀・)b

 

 

メディパラソル副作用の危険性をチェック!!※全成分ピックアップ※

 

 

【メディパラソルの全成分】
レッドオレンジエキス末(レッドオレンジエキス、マルトデキストリン)、デンプン、ザクロ果実エキス末、オリーブ果実エキス末/HPMC、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、カラメル色素、トマト色素

 

メディパラソルの成分はどの様なものが配合されているのかも気になるところです。先ず、メディパラソルの副作用の危険性を調べる為、先ずは全成分をピックアップしてみました。成分の中に、人体に害のありそうな添加物が配合されているのか直ぐに分かるはずです。

 

上記の内容を見ても分かるかと思いますが、メディパラソルの成分ですが、私も驚いたのは天然成分が殆どだったという事です。原材料になるものも、生産段階で農薬などの厳しい審査を通過したものだけが厳選されているという事でした。

 

また、添加物が配合されていないわけではないのですが、それはサプリメント(カプセル状)にするために配合する必要最低限のものでした。ですから、添加物による副作用という事はまず考えられないと思います。

 

 

そして、メディパラソルはどこで、どの様に製造されているかについても調べました。メディパラソルは間違いなく国内の工場で製造されていました。国内のGMP認定工場なので、この時点で日本クオリティの最高品質のサプリメントであることが分かります。

 

【GMP認定とは!?】
GMPはGood Manufacturing Practiceの略で適正製造基準とも言います。アメリカ食品医薬品局が、1938年に連邦食品・医薬品・化粧品法に基づいて定めた医薬品等の製造品質管理基準です。各国がこれに準ずる基準を設けており、日本においては、医薬品医療機器等法に基づいて厚生労働大臣が定めた、医薬品等の品質管理基準を指します。

 

 

メディパラソルに副作用の危険性が低いといっても・・・

 

 

上記でも触れたように、メディパラソルは天然成分でできているだけでなく製造工程に関しても最高水準でできています。副作用の危険性は極めて低いといえるでしょう。ですが、何でもかんでも飲んで大丈夫かというと、そもれまた厳密にいえば間違いでしょう・・・。

 

例えばですが、妊婦さんや産後間もない女性などはホルモンバランスが乱れているので体調にも気を付けなければいけません。また、病気で体が弱っている時も同様です。そのような時は、メディパラソルに限らずサプリメントの使用は避けるべきでしょう。どうしても服用したい時は、かかりつけの医師にしっかりと相談する事をおススメします。

 

また、それ以外の場合だと、4歳以下の乳児にメディパラソルを飲ませるのもできれば避けた方が良いでしょう。なぜなら、乳児はまだ体の抵抗力が弱く、消化器系も未発達の場合もあります。副作用の危険性があるかわかりませんが、それでも乳児の服用も避けた方が無難でしょう。

 

やはりメディパラソルはサプリメントなので正しい飲み方で継続するのが大切でしょう。正しい飲み方をするからこそ安全性が保証され継続もしやすくなるのではないかと思うのです(・∀・)b

 

 

▼飲む紫外線対策サプリ▼

メディパラソル

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加